Factory tour
バーチャル工場見学

バーチャル工場見学
eツアー

~廃棄物処理工場、
リサイクル工場をいつでも見学~

時間や距離の問題で工場見学に来れない排出事業者や、新規で提案中のお客様に、工場(事務所も可)をいつでもご覧いただけるように、ネット上で工場見学ができる、バーチャル工場見学をご紹介します。

バーチャル工場見学って?

Googleのストリートビューのようなものを、工場の中にも埋め込むイメージです。
まずはご覧になって、実際に動かして見てください。

光陽産業開発
吉田稔商店

排出事業者向けに

社内研修用に

リクルート用に

御池鐵工所
環境展のエクオブース

展示会来場者への
アフターフォロー用に

展示会開幕後も
営業ツールとして

来場できなかった方へ

導入メリット

排出事業者、行政にメリットがあります

現地確認する負担の削減

ウェブ上で現地工場見学とほぼ同じ内容の工場見学ができますので、わざわざ現地へ行く負担が減ります。
特に遠方のお客様や、海外のお客様には好評です。

工場見学後の復習用資料として活用

工場見学中騒音などにより説明を聞き逃してしまった、工程の内容が難しく理解出来なかったなど、もう一度同じ説明を受けたいと思った時に有効です。また、工場見学前に予習用資料として使うことで、工場見学時の理解度が高まります。

工場案内担当者にメリットがあります

工場案内担当者の業務負担を改善

通常の業務プラス、当日の工場案内、前日までの準備・手間など、担当者の負担は大きいです。
現地工場見学からバーチャル工場見学に変更することで、担当者の業務負担を削減できます。

案内できなかった箇所をカバー

工場見学時、時間の都合で案内できなかった箇所があった場合、その部分だけバーチャル工場見学で後から説明することが出来ます。

営業担当者にメリットがあります

営業の強力なツール(武器)に

営業時(外出先で)のプレゼンでバーチャル工場見学を使いお客様に現場を見て頂くことで、説得力が増し成約率アップにつながります。スマホ対応もしておりますので、スマホで簡単にプレゼン出来ます。

求人応募者にメリットがあります

入社後のイメージを明確にし離職率を改善

バーチャル工場(オフィス)見学で1日の業務を体験し、入社後の業務のイメージをすることが出来ます。
入社後イメージが違ったと言われるケースを減らします。特に20代、30代の採用応募者には必須です。

バーチャル工場見学の仕組み

  1. 専用カメラで撮影

  2. バーチャル工場を構築

  3. 弊社の
    専用サーバへアップ

  4. 貴社ホームページより
    リンク

制作費

  • 撮影ポイント数
  • インフォメーションの表示箇所数
  • 特殊機器の有無(ドローン等)
左記内容をお聞きして
お見積もりを出させていただきます。

費用の目安(サンプルでご覧いただいた内容)

  • 撮影ポイント 5箇所
  • インフォメーション表示 4箇所
  • 特殊機器無し
左記の内容で約30万円

費用に含まれるもの

  • 専用カメラによる撮影費
  • バーチャル工場構築費
  • 配置図(画面の右上)構成費
  • インフォメーション構築費

全国対応しておりますが、時間や場所により別途交通費をいただく場合がございます。

月額費用(※専用のサーバで動かす必要があるため)

  • 弊社保有のサーバご利用料 1,500円/月
  • 専用サーバご利用の場合  5,000円/月
Copyright © エクオ株式会社 All Rights Reserved.